2009年04月26日

制作環境2

パート2です。初音ミクと同時期に、打ち込み用として買ったヤマハのキーボード、KX25です。

YAMAHA KX25実は、バンドルされているソフト(Cubase AI4など)目当てで買いました(^^;) 61鍵の古いシンセも持っているのですが、今はもっぱらMacBookとこれだけで制作しています。USBポートに直結できて、バスパワーで(電源なしで)動くのが良いですね。

昔はPCにシンセやら音源やら様々な機材を繋いで、更に録音はMTRを使うという、手間暇のかかる環境で制作していました。その反動からか、今はPCとこのキーボードだけというシンプルさを楽しんでいます。それでもクオリティ的には今のほうが高いものができるのですから、良い時代になりましたよね。特に、冬はコタツで作業できるのが何より嬉しいです(笑)

ちなみに私は鍵盤の演奏はほとんどできません。それでも音色の確認や単純なフレーズの打ち込みは鍵盤でやるのが楽ですね。ギターは弾けるので、昔からMIDIギターが欲しいと思っているのですが、打ち込み用として実用になるのか疑問で、なかなか手が出せずにいます。新しい製品も出てこないしねー。



【“DTM”カテゴリの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。