2009年04月25日

制作環境

作品紹介だけだと1月に1回くらいしかブログを更新できないので、たまにつまらないネタを書いていきたいと思います。今日は、うちのDTM制作環境です。ああ、こういう痛いネタはできれば避けたかった!(笑)

MacBookマシンはアップルのMacBook(初代)で、Boot Campを使ってWindows XPを入れています。Windowsマシンは他にも何台かあるのですが、ノートPCのほうが何かと便利だと思い、これでやることにしました。

CPUはIntel Core Duo(Core 2 Duoに非ず)の1.83GHzなので、Cubaseのトラックやエフェクトの数が増えてくると再生が途切れ途切れになったりします。オーディオファイルとして書き出す分には問題ないのですが、Cubaseでリアルタイム再生するには、これまで発表してきた曲くらいが限界のようです。本当はもっとボーカルや楽器を重ねたいと思うこともあるのですが、贅沢を言い出すとキリがないので、仕方ないですね。


それにしても、VOCALOIDはなぜMac版を出さないんですかねー。元々DTMはWindowsよりMacが主流だったので、今でもたいていのソフトはMac版が用意されています。初音ミクに最初からMac版があれば、私はもっと早くに参戦していたのになぁ(^^;)



【“DTM”カテゴリの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。